がん保険、その特徴と選び方をお教えします

がん保険ってよく耳にはするけれど、普通の医療保険と何が違うのか、ハッキリとは分からないという方は多いのではないでしょうか。
一般的な医療保険とがん保険の一番大きな違いは、診断一時金か付いているか否かです。

診断一時金とは、がんと診断されたら、入院や手術の有無に関わらず支払われる給付金です。がん保険の種類にもよりますが、100万〜200万円程の給付金が付いているものが多いです。
がんは今や治る病気とも言われていますが、その治療法は多岐に渡ります。
大きな手術が必要な場合もあれば、日帰りの手術、なんていう場合もあるようです。入院はしなかったけれど、通院は数年続くなんていうことがあった場合に、入院給付金を中心とした医療保険だと、ほとんど役に立たないということも考えられるのです。がん保険に加入するなら、必ずこの診断一時金が付いているタイプを選びましょう。

またがんは、再発・転移が心配な病気でもあります。
一般的な医療保険だと、最大で保障できる入院日数が限られていますが、がん保険は、日数無制限で入院を保障できるものが多いので、事前に確認して、日数無制限のタイプを選ぶとよいでしょう。

最後に、最近の保険は、先進医療特約が付けられるタイプが多いです。
先進医療とは、厚生労働省が定める高度な医療技術のことで、これは健康保険が適用されません。重粒子線治療や陽子線治療が有名ですが、これらの治療を受けると全額自己負担になるのです。受けられる医療機関は多くはないですが、万が一の選択肢として、先進医療特約は付帯することをおススメします。100〜200円程度の保険料で、1,000〜2,000万程の保障が付きます。